ティッシュペーパーアレルギーの悪化

サラリーマン時代のスギ花粉シーズンの鼻炎は、朝の出勤後・昼食後に30分くらい発症していて、空調で管理されている屋内にいる限りは抑制されていました。 しかしとある日から、出社後に症状が絶えることがなくなり、だんだんひどくなったことがありました。2週間ほどして、出入り業者の名の入ったティッシュペーパーによるアレルギーであることに気づきまし…
コメント:0

続きを読むread more

生物兵器としての新型コロナウイルス

1346年にイタリア・ジェノバの支配するクリミア半島の港カッファにモンゴル軍が攻め込みました。しかしこの地の風土病だったペストにモンゴル軍は苦しめられ、その味方兵士の死体をカッファの城に投擲し、その城内にもペストが蔓延しました。 その後、ペストは海の航路を伝ってイタリアを経由してヨーロッパに拡散し、三千万人が亡くなり、のちに日本へも入…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスのワクチン

新型コロナウイルスに対する国産ワクチンが望まれています。でも患者数は一番多い大阪でも直近1週間で10万人あたり59.45人だそうです。 これだと、ワクチンとプラセボ(偽薬)との効果を2群に分けて有効性を比較する臨床試験を実施するには片群15万人、計30万人くらいに投与する必要があります(患者数を求める計算式があり、サラリーマン時代は信…
コメント:0

続きを読むread more

宴会・会食

公務員が多人数で歓送迎会を行って新型コロナウイルスに感染したという報道が多いですね。宴会が終わって店の前に多数の学生さんが滞っているのも何度か見かけました。何だかんだ言いながら年度末には送別会が行われていて、それが感染爆発に繋がったのでしょう。大阪の感染者数が千人前後で上げ止まれば、変異株とともに理由の一つになることでしょう。 以…
コメント:0

続きを読むread more

改装した焼肉屋さん

石橋の焼肉屋さんの改装が終わったのは3月7日。昨日、久しぶりに訪問しました。ただし予約が取れたのは17:00から。まだ太陽も沈んでいません。 席に案内されてがっかりしたのは炭火ではなくガスコンロになっていたこと。最初に塩タンを焼いてみると、火の通りが遅くて食べごろがわかりにくく、失敗しました。 さらにタレではなく塩を勧められました。…
コメント:0

続きを読むread more

父親には

先日、桜の香りのお線香を購入した旨をブログにアップしました。以後、毎日継続して炊いています。 平安時代の貴族は衣服に香を炊き込めていたそうですが、最近、仏間に入ると ほんのり桜の香りがするようになりました。香水などの匂いは纏わりつくようで嫌いですが、白檀などより桜の方が線香臭くないと感じています。線香の匂いとセットになった仏間の陰気さ…
コメント:0

続きを読むread more

プランB

オリンピックの聖火リレーの報道で沿道の観客が密になっている映像が流れています。密になったらスキップするといっていたのに、大臣のコメントにも緊張感がありませんでした。多分、誰がその判断をするのかが決められていないのでしょう。非難される立場には誰も就きたくないのだから。 オリンピックも必ず開催するものとして全てが進行しているようです。多分…
コメント:0

続きを読むread more

オリンピックやめよう

人権問題を理由に米国が北京オリンピックをボイコットする可能性を示唆する発言があり、中国が猛反発しています。面子を気にしすぎる国としては当然でしょう。 現在の国連の仕組みは大国でも小国でも投票における一票の価値は常任理事国を除いては同じなので、中国の小国に対する集票戦略は露骨です。それは国際保健機関(WHO)の事務局長の中国寄りの発言に…
コメント:0

続きを読むread more

ステーキと電車

牛ステーキなら、A5とかでとろけると評される脂肪が多いものよりも、歯応えのある赤身の肉の方が美味しいと思っています。 石橋で牛肉を食べたい時に行っていた店が閉まり困っていら、ステーキ専門店を発見。メニューには「はらみ」があって、昨夜は2回目の訪問でした。ソースもいろいろな種類が用意されています。私は基本的にはわさび醤油でいただきますが…
コメント:0

続きを読むread more

喜多方ラーメン

写真は最近ハマっているセブンイレブンのチルドラーメン=「熟成ちぢれ麺喜多方チャーシュー麺」です。 喜多方には一度だけ仕事で訪問し、畳敷きの「坂内(ばんない)食堂」のラーメンをいただいたことがあります。この坂内食堂の支店である「こぼし」という店が東京・新橋の駅の近くにあり、東京出張の度に利用していました。20年くらい前には宝塚にも「こぼ…
コメント:0

続きを読むread more